視線恐怖症かも・・・

周りが必要以上に気になり、さらにひどくなると、自分の悪口を言っているのかなぁとか、全く関係のない話なのに、影口を叩かれてると勝手に妄想してしまう。

 

いずれにせよ、マイナス思考も絡んでいるようです。また、被害妄想の傾向があるのかもしれません。

 

だとしたら楽しい人生の足を引っ張っている事となります。ぜひこれから先も読んでみてください。

 

なにゆえ周りが気になるのかを細かく分析してみると

 

人が気になるというのが大前提にあるわけです。さらに掘り下げると、嫌われたくない、敵を作りたくないこういった心理が潜在的にあるのでしょう。ある意味どんな人でも多かれ少なかれ持っているものです。それが過剰な人ですと周りが気になってしまうんですね。

 

さらに周りが気になる、特に人の目線が気になるという場合もあるわけです。そりゃ人ですから多少気にはなるでしょうが、あまり過敏すぎるのはちょっと・・・
視線恐怖症というカテゴリに入ってしまうかも。

 

視線恐怖症には、自己、正視、脇見と分かれていて、

  1. 自己視線恐怖症は、自分の目線が人を不快にしているか気になる。
  2. 正視視線恐怖症は、人と会話していて、近距離だとひどく緊張して怖くなる。
  3. 脇見視線恐怖症は、視界に人が見えるだけで気になってしまう。

 

他にもあるのでしょうが、代表的な視線恐怖症です。ひょっとして思い当たる人多いのではないでしょうか?

 

治せるのか

 

治療はできるの?症というくらいですから、あまり酷くてストレスがたまるなら、心療内科を受診されるといいでしょう。診断によっては薬を処方してくれます。

 

が、そういった自分が嫌いで嫌だったら、初めはこれを試すといいでしょう。自分の嫌いな部分改善させるためには試したい方法です。性格をガラッと変える

13の習慣

あなたは無意識に自分を不幸にしている?
不安、悩み、ストレスからあなたを開放する脳と心の科学を徹底解説

なんとアマゾンよりも安い、しかも送料無料。定価1300円が1000円。いつまでお得かわからないのでお早目にどうぞ。

>>詳細、購入はこちらから
トップへ戻る