外に出るのが怖い

過去の自分を振り返って、外に出るのも辛いほどの弱いメンタルだった体験をお伝えします。↓

 

外に出るのがどうしても怖い。しかしそんなことを一切わからせないように「俺は強い男」アピールでかみさんや子供にふるまっている。内心外に出るのが本当に怖い。車に乗るのも怖い。自分でも思う。なぜそれでも率先して車を運転して妻や家族を運び、会社に行き、子供たちを遊びに連れてってあげているのか?

 

自分は本当に気が弱くてビビり男である。ちょっと前から歩いてくる人に対してもビビってしまう。怖そうな人だったらなおさら。冷や汗をかき、心臓がバクバクしてしまう。

 

それなのに頑張っている。その影響なのか、ひどい不整脈、冷え性、めまいなど体調があまりすぐれない。

 

原因はトラウマなのだろう。

 

学生時代はいじめにあい続け、頭も悪いから高卒で就職。会社では軽く見られて「ぼくちゃん」などと馬鹿にされ。
身長もすごく低くて顔も童顔。職場でもいじめというか軽く見られていつも怒鳴られて、委縮して。

 

そんな経験を四六時中受けてちゃトラウマになるわけですよ。当然なのです。
しまいには顔が土気色となり覇気も無い若者へ・・・

 

救いは自分の本能

 

しかし性欲だけは強かったため女性と付き合いという欲求により彼女ができ、
彼女が出来たら彼女に振られたくない一心で一生懸命彼女に尽くして、遊びに連れて行ったり、彼女にごちそうするために仕事もバカにされながらも一生懸命やり。

 

その後結婚して、子供もできて、
やらなきゃいけない状況になっちゃっている。守るべき家族を養うという責任が生まれた。
責任感を強制的に作ってしまったわけ。

 

結果的にあの外に出るのもしんどかった情けない自分という中身は変わらないものの、
事実上克服はできてしまった。

 

今でも不整脈、冷や汗、人とすれ違う時の緊張感はあるが、まるっきし過去の引きこもり寸前男というなりは潜めてしまった。

 

以上外に出るのも怖かった筆者の体験でした。普通に生活ができるなら、内心でビビりまくっていようが関係ないですよ。まあストレス過多であまり長生きできないように思いますけどね。自分は・・・

13の習慣

あなたは無意識に自分を不幸にしている?
不安、悩み、ストレスからあなたを開放する脳と心の科学を徹底解説

なんとアマゾンよりも安い、しかも送料無料。定価1300円が1000円。いつまでお得かわからないのでお早目にどうぞ。

>>詳細、購入はこちらから
トップへ戻る