自信をつける方法の結論は

自信をつける方法は、答えから言いますと、結果を出すってことです。結果さえ出れば自然と自信がつきます。

 

結果が出ない事が多いと、いわゆる負け癖がつくのです。 
それが続くと自信喪失となるのです。 結果が出るまで努力してみましょう。例えば、仕事でうまく行かない、失敗が多いのなら自然と自信喪失となってしまいます。これは責任感が強い人が多く、いい加減な人はなんとも思わないでしょう。 

 

前者の方がいいのです。後者は成長がありません。しかし自信がなくなるのはよろしくありません。ならば努力してみてください。

 

腑に落ちるように

 

人間はどんなに苦手な事でも、継続していくなら必ず腑に落ちる時が来るのです。 腑に落ちるとは、理解しきる、完全にこなせるという事なんですが、そうなります。それが自信となります。 自信をつける方法は、まず、こなすべき課題を努力して、結果が出るまで根気よく続けましょう。

 

イメージトレーニングの大事

 

イメージトレーニングってものすごく大事なのですよ。 プロのアスリートは必ずこのイメージトレーニングをこなしてから練習するのです。

 

たかがイメージ・・・
この気持ちは成功を遠ざけますし、
成長も期待できないのものです。すべて自分のイメージ通りに結果がでるもので、
良いイメージを持って努力する事が肝心なんです。

 

たかがイメージと思う事はマイナスなので、常に成功しているイメージを持って前に進んでください。

自信がない人の共通点

もし・・・・・・ あなたが自分の行動や判断にイマイチ自信が持てていないなら ちょっと時間をとって読んでみて下さいね。

 

ところで・・・・仕事、人間関係、恋愛趣味・・・・・・ 日常生活において自信が必要な場面は至る所に存在します。自信が無いなんて言ってられないですね! その様な中で自信家の人も中にはいますが、普通は自信のない人がほとんどじゃないでしょうか。 どうでしょう?

 

何故そうなのか・・・・・ズバリ言うと
子供のころから培われてきた

 

失敗=悪い
という概念に原因があるのです。 これは自信がない人の共通点と言えるでしょう。 あくまでも私の感想ですが・・

 

その様な概念を知らない間に育ててきた結果、極度に失敗を恐れるようになってしまったのです。自信のないあなたの気持ちを反転させて、自信がある堂々たる自分に変身するにはこの原因を叩く必要があります。

 

習慣から改善できる

 

ところでみなさんは何か新しいことにトライしようとすると、初めはだいたいうまくいかないで失敗に終わっていませんでしたか?

 

初めに失敗してしまうとそのイメージを引きずってしまうのです。だから、私たちは普通に生活していると、どうしても自分はできない人間、ダメな人間、そんな風に思ってしまいがちになる・・・・・そんな傾向に陥ってしまうのです。

 

知らない間に自分の評価を下げていった結果、どんどん自信を失ってしまう。 さらにやる気まで失ってしまうのです。

 

さらに悪循環が続きます。

 

他人から見るとすごい成功なのに、自分にとっては案外普通の事なので、 せっかくの長所も自信と結びつかないなんて事もよくある事です。

 

自信が無いならまず基本的には

 

  • 自分の長所を正しく把握する。
  • 短所や失敗をあまり気にしないようにする心の持ち方

 

この2点はしっかりおさえるようにしましょう。 このような考え方を習慣づけると自分が伸びていきます。 しかし努力で失敗が回避できるのならそれは努力しましょう。 当たり前ですけどね・・・・あと、自分の長所を探す事も大事です。

13の習慣

あなたは無意識に自分を不幸にしている?
不安、悩み、ストレスからあなたを開放する脳と心の科学を徹底解説

なんとアマゾンよりも安い、しかも送料無料。定価1300円が1000円。いつまでお得かわからないのでお早目にどうぞ。

>>詳細、購入はこちらから
トップへ戻る