気が弱いってどんな状態なのでしょうか?

コンテンツ管理人の主観ですが、気が弱いとの概念は、

 

バカにされて文句が言えない、との事であると思います。

 

脅されて刃向かえないとの事は、人間の防御反応により固まってしまう事は良くある事で、どんなに気が強いと思っている人でも、自分より体格が良くて、強面、強そうな人に脅されたらまずビビッて固まるでしょう。 その度合いにもよります。

 

ではバカにされてもなんにも文句も言えない、これはやはり気が弱いのです。 気が弱いって内面が外に出ているのです。内面から発しているものです。 

 

この内面を変えなくてはバカにされてしまうのです。 その様な素質があるからどんな環境になってもいつも馬鹿にされてしまうという経験がお持ちではないでしょうか?

 

例えば、職場で怒られて落ち込んでしまうケースは?

 

これは気が弱いとの状況とはいえません。 誰でも失敗して落ち込むし、それが次回の成功となります。 こんなケースは気にしないほうがいいです。むしろ多少の落ち込みは次回の成功に繋がるし、慎重に事を進めることとなるでしょう。

 

さまざまなケースを検証しますと・・・
気が弱いとも言えそうですが、実は恐怖症の類といえます。 目線恐怖症、対人恐怖症とも言えます。

 

脅されて刃向かえないこれは当たり前です。人間の防御反応です。  

 

気が弱いといたずらに悩む前に
人間は気が弱いのです。 各々その度合いにより悩むのです。 

 

例えばものすごい強そうなレスラーだって、かりに拳銃で脅されればビビるでしょう。 

 

その基準の高低によります。 気が弱いとの悩みは、自分自身に損が多いから悩むのです。

 

例えばいつもバカにされる、いつも怒られる等。 これ等が無ければ気が弱いとの悩みなんかある訳ありません。でも手っ取り早く気が弱い自分を変えたいのなら根本を見極めて原因を退治するのです。

 

ほとんどが自分に自信が無いからくる悪い意味でオーラが漂っているのです。 

 

自信満々の人を馬鹿にするでしょうか?

 

やはり自信をつけるべきです。そんな行動を積み重ねて自信をゆるぎないものとしましょう。

13の習慣

あなたは無意識に自分を不幸にしている?
不安、悩み、ストレスからあなたを開放する脳と心の科学を徹底解説

なんとアマゾンよりも安い、しかも送料無料。定価1300円が1000円。いつまでお得かわからないのでお早目にどうぞ。

>>詳細、購入はこちらから
トップへ戻る